スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


名古屋の男性遭難か=山中で発見の男性死亡−福井・荒島岳(時事通信)

 福井県大野市の荒島岳(1523メートル)に1人で入山した名古屋市中川区の会社員酒井映孝さん(56)が予定をすぎても帰宅しないと、家族から連絡を受けた福井県警大野署が5日、ヘリコプターで捜索したところ、標高約1300メートル付近で倒れている男性を発見、病院に搬送したが、死亡が確認された。同署は、男性は酒井さんとみて、身元の確認を急いでいる。
 同署によると、酒井さんは2日夜に自宅を出発、3日夜に帰宅する予定だったが、戻らないため、4日夜、家族が愛知県警経由で同署に連絡した。出発後は家族と連絡は取っていなかったという。 

別の乳児白骨体も発見 プランターに遺棄の逮捕母「2年前に捨てた」(産経新聞)
国語教科書、新聞で読解力養うコーナーも(読売新聞)
【話の肖像画】KYバンザイ!(下)医師・鎌田實(産経新聞)
<佐藤錦>山形・東根で出荷が始まる (毎日新聞)
週内にも特区の実態調査へ―枝野担当相(医療介護CBニュース)

普天間移設 岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)

 岡田克也外相がゲーツ米国防長官と3月29日にワシントンで会談した際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について、日米が合意しているキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)とする現行計画を政府案の検討対象から外して説明していたことが1日、分かった。ゲーツ長官は日本側から現行計画の説明がなかったことに怒り、岡田氏は「現行案の実現は厳しい」と説明したという。日米外交関係者が明らかにした。

【写真でみる】現在の普天間基地・キャンプシュワブ沿岸部はどういう場所なのか

 現行計画を巡っては鳩山由紀夫首相や北沢俊美防衛相が除外する姿勢を示す一方、岡田氏は米側への配慮から排除しない姿勢だった。米側との交渉本格化に伴い、現行計画は困難とする日本側の立場をより明確にしたといえる。

 岡田氏が会談で説明したのは、キャンプ・シュワブ陸上部と米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合の移設先2案に、普天間の基地機能の県外への分散移転を組み合わせる案。会談ではゲーツ長官の不満に対し岡田氏は「他の案もぜひ検討してほしい」と要請した。関係者によると、岡田氏が訪米に先立つ3月26日にルース駐日米大使と会談した際は、現行案も検討対象として説明していたという。【野口武則】

【関連ニュース】
【関連記事】普天間移設:仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で
【関連記事】普天間:「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相
【関連記事】普天間:「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相
【関連記事】普天間移設:「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新
【関連記事】普天間移設:米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」

近代麻雀オンラインバトル ニューゲーム正式公開日決定! さらにゲームに参加していただいた方全員に特典が!
中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)
若林元農相 議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
<殺人>父親殴り死なす 34歳の男を容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)
月内にも新党結成の意向=5人確保に自信−平沼氏(時事通信)

「伯母死んだ」4回、ウソ忌引で県職員を処分(読売新聞)

 忌引を不正取得したなどとして、神奈川県は30日付で、平塚水道営業所(平塚市)の男性職員(44)ら5人を減給や戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 発表によると、男性職員は2006年6月〜09年1月、4回にわたって伯母が死んだとうそをつき、忌引を4日間取得したとして、減給10分の1(6か月)の処分を受けた。県の聞き取りに、職員は「慣れない業務で責任を感じ、休みがちになった。周りに言いにくかった」と説明しているという。

 同営業所の別の男性職員(55)や、総務部統計課の女性職員(48)、動物保護センター(同市)の男性職員(40)もそれぞれ1日、忌引を不正取得したとして、戒告となった。

 このほか、平塚保健福祉事務所(同市)の女性職員(46)は、09年に年次休暇を消化した後、欠勤を繰り返したとして、減給10分の1(1か月)となった。

 今年1月に県教委で忌引の不正取得に対する処分があり、県も調査していた。

兵庫・三田の女児虐待 継母を傷害致死罪で起訴(産経新聞)
<強盗容疑>都立高教諭を逮捕 顔殴りバッグ奪う(毎日新聞)
<サケ>石狩川支流で50万尾の稚魚放流(毎日新聞)
虚偽献金に検察側「資金の流れを国民から覆い隠した」 検察側論告要旨(産経新聞)
「びわこ号」を復活走行へ 大阪・寝屋川市と京阪電鉄(産経新聞)

海洋汚染の確認は514件=2009年の海保まとめ(時事通信)

 海上保安庁は25日、2009年中に同庁が確認した海洋汚染のまとめを発表した。
 それによると、油の流出や廃棄物の浮遊などの海洋汚染の確認は514件で、前年より41件少なかったが、2年連続で500件を超えた。
 原因は、給油時のバルブ取り扱いミスなどのヒューマンエラーが42%を占めており、同庁は関係者に注意を呼び掛けている。 

妖怪たちが「ゲゲゲの女房」PR(産経新聞)
28県議会…外国人参政権反対、大阪市会も意見書提案へ(産経新聞)
雇用保険法改正案、衆院通過(時事通信)
<子供用アクセサリー>中国、韓国から輸入の9点に鉛(毎日新聞)
社民、同意人事案に賛成=党首の閣議署名で方針転換(時事通信)

DNA再鑑定から無罪まで…菅家さんの言葉(読売新聞)

 逮捕時の有力な証拠とされたDNA型の再鑑定から無罪判決まで、菅家さん自身の言葉で事件を振り返る。

 「刑務所とは空が違う」(2009年6月4日)

 無罪を裏付けるDNA再鑑定の結果を受け、検察は、菅家さんの無期懲役刑の執行を停止、千葉刑務所から釈放した。

         ◇

 「許します」(同年6月17日)

 菅家さんに面会、深々と頭を下げる石川正一郎・栃木県警本部長の謝罪の言葉に菅家さんは表情を緩めた。

         ◇

 「灰色の無罪判決はいらない」(同年6月23日)

 再審開始が決まった後の記者会見。再審公判では自身が有罪になった理由が明らかになるのか、複雑な心境を語った。

         ◇

 「私は殺していません」(同10月21日)

 再審初公判で佐藤正信裁判長から「菅家さん、前へお立ち下さい」と声をかけられ、証言台で。菅家さんはポケットからメモを取り出し、はっきりした口調で訴えた。

         ◇

 「『無実』を聞いてもらいたかった」(10年1月21日)

 再審第4回公判。取り調べで再び自白に転じた当時の様子がテープで再生され、険しい表情を浮かべた。

         ◇

 「裁判所も謝罪を」(同2月12日)。

 無罪論告を終えた検事が「取り返しのつかないことをして誠に申し訳ない」と謝罪したのを受け、意見陳述に立った菅家さんが裁判長を見据え、語気を強めた。

沖縄県民と米国の理解得る=普天間、5月決着強調−鳩山首相(時事通信)
次期首相のトップは舛添氏(産経新聞)
漫画の性描写規制、継続審査に=条例改正は見送り−都議会(時事通信)
政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
小沢氏、参院選に危機感…生方氏の解任撤回(読売新聞)

【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(3)「逮捕しないと事件終わらない」(産経新聞)

 ■雑踏の中、風化と闘い

 東京メトロ大手町駅。ホームや通路で通勤客らが次々と倒れている。全員の意識は朦朧(もうろう)としている。「汚染物質はサリンと判明。十分注意して対応にあたれ」。化学災害に対応する東京消防庁のハイパーレスキュー隊員らがオレンジ色の防護服に身を包み現場に突入してきた。防毒マスクを付け、手には空気中に含まる化学物質を特定する計測機器などを持っている。完全装備の隊員たちは負傷者を地上へ運び出していった…。

 3月16日朝、地下鉄サリン事件から丸15年を前に、地下鉄駅構内でテロ組織がサリンを散布した事態を想定し、東京消防庁などが実施した大規模訓練の一幕だ。こうしたテロ対策訓練も今ではめずらしくない。

 地下鉄サリン事件は、人命救助や捜査の現場に、核(N)、生物(B)、化学(C)テロの脅威を突きつけた。本格的なNBC対策の必要性が迫られたのだ。

 事件を教訓に警視庁公安部は公安機動捜査隊の中に平成12年、NBCテロの初動捜査を担うNBCテロ捜査隊を創設した。隊員は大学で物理、化学、生物学などを専攻したエキスパートたち。同様の組織は現在、東京以外の8道府県警にも設置されている。

 「知識だけではない。命を張れる勇敢なスペシャリスト集団だ」(公安部幹部)。不審物発見や異臭騒ぎの通報を受け、必要とあれば出動する。その数は年間数十件。要請の多さをみても、世間は「不審物」や「異臭」に敏感になったことが浮かびあがる。

                   ◇

 この15年間でNBCテロの発生現場に対応する装備や人員は充実した。その一方で、今も変わらぬ作業を続ける捜査員も存在する。

 オウム真理教による一連の事件で特別手配中の平田信(まこと)(44)、高橋克也(51)、菊地直子(38)を追跡する警視庁捜査共助課の捜査員だ。

 捜査共助課では、管理官(警視)以下6人が専従で3人を追跡。だが、地下鉄サリン事件への関与が疑われる高橋、菊地の痕跡は8年に埼玉県所沢市内で、平田は7年に名古屋市内で確認されたのを最後に途絶えている。

 平田、高橋、菊地に関して全国の警察に寄せられる情報提供は11年に739件、12年に717件と推移したが、13年は362件と半減。昨年は187件にとどまった。事件の風化が捜査にも影響を及ぼす。

 新たな手がかりが皆無ともいえる状況の中、捜査共助課の捜査員は、オウム真理教の関連施設付近で張り込みを続ける一方、人込みで顔の特徴から容疑者を探す「見当たり捜査」を都内の繁華街で続けている。

 人間の顔は年齢を重ねたり、整形手術を施したりすることで変化するが、目と耳の特徴は変わらないとされる。捜査員は雑踏の中で3人の目と耳を探すため、視線をせわしなく動かす。

 「雲をもつかむような…いや、雲をつかむよりも難しいかもしれない」。ある捜査員は厳しい現状を憂い、「すでに死んでいるのか。海外へ逃亡しているのか。そんな思いにかられることもある」ともらす。

                   ◇

 「(米国)テキサスのすしレストランで高橋に似た男が働いている」。20年9月、現地在住の邦人から捜査共助課に情報がもたらされた。国内での痕跡が途絶えていた中での情報だった。警視庁の要請を受けた現地警察が確認に走った。だが、レストランに高橋が働いていた事実は確認されなかった。

 同年5月には平田、菊地と似た人物が愛知と岐阜のコンビニで買い物をしているという情報も寄せられた。両県警の協力のもと、県境付近のコンビニで防犯カメラの画像精査や聞き込みを実施したが、立ち寄った形跡はなかった。

 情報が浮かんでは、それをつぶしていく日々。それでも捜査員は人込みの中に立ち、頭に焼き付けた顔を今日も捜し続ける。捜査員はつぶやいた。

 「3人を逮捕しないと事件は終わらないんだ」(敬称、呼称略)

喜美氏、打診は否定も北野大氏にラブコール「出てほしい」(スポーツ報知)
乳児殺害、母を不起訴=心神喪失と判断−和歌山地検(時事通信)
<人事>NHK(毎日新聞)
<盗撮容疑>スカート内にデジカメ 巡査を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
海水浴場原則禁煙条例が委員会可決 神奈川県議会(産経新聞)

<気象庁>桜井長官が謝罪 気圧データ誤発信(毎日新聞)

 気象庁の桜井邦雄長官は18日の定例会見で、2月と3月に松本空港(長野県)と三宅島空港(東京都)で同庁職員が航空機向けに誤った気圧データを発信した問題について「関係者にご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝罪した。また、松本空港のミスを公表しなかったことについても「私の判断ミス」と述べ、陳謝した。

 松本空港のミスでは航空機1機が着陸をやり直し、到着が40分遅れた。桜井長官は「影響がこの程度なら公表の必要はないと判断したが、認識が甘かった」と述べ、今後は航空機の運航に支障が出るミスなどがあった場合は速やかに公表する意向を示した。

 また、短期間に2件のミスが相次いだことについては「(気圧データの発信は)航空機の安全にかかわる重要な業務であることを再確認するよう指示した」と話した。【福永方人】

【関連ニュース】
気圧データ:誤発信 三宅島空港でも
気象庁:データ誤入力で民間機が着陸やり直す 松本空港
気象庁:気圧データを誤入力 1機着陸やり直し−−松本空港

<公明党>参院選「他党候補推薦せず」発言を撤回 山口代表(毎日新聞)
仙谷氏、公務員の幹部人事を当面凍結(産経新聞)
強風 関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
首相動静(3月19日)(時事通信)
対象あいまい…紛糾 都の「漫画・アニメ児童ポルノ」規制(産経新聞)

<鳩山首相>小林議員の出処進退「自身で判断すべきこと」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は13日、北海道教職員組合を巡る政治資金規正法事件で、札幌地検が民主党の小林千代美衆院議員を事情聴取したことについて「出処進退は自身で判断すべきことだと前から申している。事情聴取を受けたとするならば、正直に真実を述べてくれたと理解している」と述べた。視察先の奈良市内で記者団の質問に答えた。【小山由宇】

【関連ニュース】
鳩山首相:4月の核安保サミット出席の意向
鳩山首相:「法人税は減税の方向で」 参院予算委
鳩山首相:中国の唐前国務委員と会談 上海万博訪問に意欲
鳩山首相:「揺らぎは宇宙の真理」 発言ぶれ批判に強調
高校無償化:法案成立後、基準づくりを検討…鳩山首相

<事業仕分け>第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
割引財源を高速道建設に=財政特措法改正案を閣議決定(時事通信)
<漢検協会>新理事長に池坊保子さんを内定(毎日新聞)
発砲 暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
「正直に真実を述べた」小林議員聴取で首相(産経新聞)

<橋本市長選>木下善之氏が再選 和歌山(毎日新聞)

 橋本市長(和歌山県)木下善之氏(74)が再選。前市議の平林崇行氏(54)▽医師の中塚裕久氏(49)を破る。投票率は54.83%。

 確定得票数次の通り。

当15464 木下 善之=無現<2>

  8721 平林 崇行=無新

  5681 中塚 裕久=無新

<政治とカネ>首相、改革強調 自民「責任取ってない」(毎日新聞)
「太陽の塔の顔」ミステリー 大阪万博40年未だに探索続く(J-CASTニュース)
<宮若市長選>有吉哲信氏が再選 福岡(毎日新聞)
<潮風号>今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)
桜いつ満開…予想困難、気をもむ観光関係者(読売新聞)

JAYWALK中村容疑者の尿から覚醒剤反応、使用容疑でも立件へ(産経新聞)

 ロックバンド「JAYWALK」のボーカル、中村耕一容疑者(59)=東京都練馬区=が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、中村容疑者の尿から覚醒(かくせい)剤の陽性反応が検出されたことが15日、警視庁麻布署への取材で分かった。同署は今後、中村容疑者を使用容疑でも立件する方針。

 中村容疑者は2日午前1時50分ごろ、港区西麻布の路上に止めた乗用車内で覚醒剤約0・9グラムを所持していたとして、同署に現行犯逮捕された。

 同署によると、中村容疑者は「覚醒剤は都内で外国人から購入し、一部を使った」と使用についても供述。自宅からは覚醒剤のほか若干量の大麻やコカインも見つかっており、同署はコカインの使用についても尿検査を進めている。

【関連記事】
JAYWALK中村容疑者「1年前から覚醒剤使用」
JAYWALK中村“内縁”妻はタレント…衝撃の素顔
JAYWALK中村容疑者の交際女性タレントが謝罪
JAYWALK中村、のりピーと意外な接点! 異変も
自宅から大麻、コカイン押収 JAYWALK・中村容疑者
20年後、日本はありますか?

新型ワクチン、季節性と一本化=ソ連型外す、来季の製造方針−厚労省(時事通信)
<高校無償化>朝鮮学校対象にと要請書 外国人学校ネット(毎日新聞)
羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦(時事通信)
仕分け対象の可能性が高い50法人を公表―枝野担当相(医療介護CBニュース)
子ども手当法案衆院委可決「買収だ」…自民総裁(読売新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
無料携帯ホームページ
携帯ホームページ
債務整理
無料ホームページ
2ショットチャット
探偵社
selected entries
archives
recent comment
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    ふにゃバット (06/02)
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    志波康之 (01/16)
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    桃医 (01/10)
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    道隆 (01/05)
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    リョータ (12/26)
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    ポリエモン (12/22)
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    パイン (12/11)
  • 宮崎県民お断り、抗議殺到で個人は除外に(読売新聞)
    ヘッド (12/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM